« たぁちゃん | トップページ | 奥多摩変更乗鞍高原 »

2006年9月 9日 (土)

蒼い月、鳥かご

鈴木英治

徳間文庫

父子十手捕物日記シリーズの4、5冊目。

相変わらず仲がよく、殴り合いの喧嘩もする文之介と勇七。

お春、お克、弥生、お知佳など女性陣との今後も

大いに気になるけれど

文之介はお春と一緒になってほしいし、勇七もお克と一緒に

なれるといいなと思うけどこっちは難しいかな。

弥生→勇七→お克→文之介⇔お春ってことだよね。

お父さんもお知佳さんとどうするつもりなんだろう。

捕物よりも、人間関係がそれぞれ気になるシリーズだな。

文之介が本気で遊んでる子供たちもいい感じ。

今様々な事件を起こしている少年たちも、小さいときに

文之介みたいな近所のあんちゃんがいてくれたら

きっとそんな事件を起こさずに済むんじゃないかと

思ってしまう・・

私の採点 : 蒼い月 ☆☆☆☆

         鳥かご ☆☆☆☆★

|

« たぁちゃん | トップページ | 奥多摩変更乗鞍高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125610/3374091

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼い月、鳥かご:

« たぁちゃん | トップページ | 奥多摩変更乗鞍高原 »