« ラウンドワン | トップページ | 筋肉痛 »

2006年10月15日 (日)

鹿鳴の声

藤原緋沙子

廣済堂文庫

隅田川御用帳シリーズの12

久しぶりに読んだ。

第一の感想。

鹿鳴と書いて「はぎ」と読むのは初めて知った。

このシリーズは縁切り寺への駆け込みがテーマなので

別れ話がモチーフなんだけど

夫婦っていろいろなんだなぁって思う。

別れたくなる事情も人それぞれだしね。

時代が変わっても別れる理由はあんまり変わらないのかも。

私の採点 : ☆☆☆

|

« ラウンドワン | トップページ | 筋肉痛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125610/3816911

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿鳴の声:

« ラウンドワン | トップページ | 筋肉痛 »