« 今クールのドラマ | トップページ | SASUKE »

2006年10月10日 (火)

ヴァイオレット・アイ

スティーブン・ウッドワース

SB文庫

久しぶりに読んだ外国物。

基本的に外国物にはあまり共感できなくて楽しめないことが多く

これもそれほど楽しめなかった。

でも想像していたよりは投げ出さずに読めた。

外国物って、もともとが面白くないのかな。

それとも翻訳の人しだいなのかな。

前にクリスティを読破していたときに

翻訳する人が違うと読みにくいなと思ったことがあったから。

赤毛のアンは大好きで、ちゃんと入り込めるから

現代のアメリカが舞台になるような小説に

抵抗があるだけなのかもね。

私の採点 : ☆☆

|

« 今クールのドラマ | トップページ | SASUKE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125610/3759312

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオレット・アイ:

« 今クールのドラマ | トップページ | SASUKE »