« 999 | トップページ | いちごちゃん »

2006年11月14日 (火)

嗤う闇

乃南アサ

新潮文庫

この作者の本をあまり好きになれないことが多く

なぜ買ったのか自分でも不思議だったけれど

他の作品よりはとっつきやすかった。

短編だったからかもしれない?

中でも「木綿の部屋」は妙にリアルで

出てくる人物があまり好感もてないタイプばかりなのに

展開が気になったのはなぜだろう。

どちらかといえば嫌な読後感が残ることの多い

この作者の作品の中ではまぁまぁだった。

私の採点 : ☆☆☆★

|

« 999 | トップページ | いちごちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125610/4179093

この記事へのトラックバック一覧です: 嗤う闇:

« 999 | トップページ | いちごちゃん »