« おでかけ! | トップページ | あらためて思うこと »

2007年6月 9日 (土)

俺は君のためにこそ死にに行く

石原慎太郎都知事が製作した映画。

窪塚くんを見ようと思って行っただけだった。

感想をいえば、出来としてはよくないように思ったけれど

日本がどれだけ馬鹿な戦争をしたのかということは

伝わった気がする。

それを伝えるつもりで作った映画かどうかはわからないけど。

観ていて一番思ったのは、こんなちゃちい飛行機で

よく飛ぶなということ・・・

このゼロ戦で飛び立つ特攻隊を追い込むような時代は

二度とこないと思いたい。

これだけ情報がすぐに伝わる時代だから

そんなことないと思うんだけどね。

|

« おでかけ! | トップページ | あらためて思うこと »

コメント

こんにちは。
私の時代は「太陽の季節」で、裕次郎を初めて知ったものでした。
戦争の悲劇は二度と起こしてはなりません。
でも、ゼロ戦はかっこいい!! なんて云うとははだよさんに叱られますね。

投稿: イソップ | 2007年6月10日 (日) 12時09分

特攻するために飛ぶのは嫌ですが
ゼロ戦に罪があるわけではないですものね。
私は乗り物好きなので、このシンプルな飛行機も兵器として使われるのでなければ、かっこいいと思います。
この映画を作るために、ゼロ戦を2機作ったそうですよ。

投稿: ははだよ | 2007年6月10日 (日) 13時57分

戦争を考えるために、小林よしのり著『戦争論』を読んでみてほしい。
ここが考えるスタートだと思う。

投稿: 田中 | 2007年6月14日 (木) 02時37分

田中さん
コメントをありがとうございます。
教えてくださった本を探してみます。

投稿: ははだよ | 2007年6月14日 (木) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125610/6726117

この記事へのトラックバック一覧です: 俺は君のためにこそ死にに行く:

« おでかけ! | トップページ | あらためて思うこと »