« 長いエスカレーター | トップページ | 日曜日の夕方 »

2007年7月 7日 (土)

僕僕先生

仁木英之

新潮社

著者のデビュー作とのこと。

中国を舞台にした不思議な物語。

仙人である僕僕先生(女の子の格好をしていることが多い)と、

怠惰な生活をして過ごしてきた王弁とがひょんなことから

師弟となり、旅に出てしまう。

様々な経験をするうちに、女の子の姿をしている師匠に

恋をしてしまう弟子・王弁。

うまくあらすじを書けない展開だけど、読んでみると意外に

すんなり読める。

深読みをすることもあっさり筋を追うこともできるファンタジー小説。

僕僕に対して恋心を抱く王弁が、強引に迫ろうとして

「自分の正体が老人だとしても望むなら」と言われて

(僕僕は姿を自由に変えることができるから)

萎えてしまうシーンは何だかおもしろかった。

私の採点 : ☆☆☆

|

« 長いエスカレーター | トップページ | 日曜日の夕方 »

コメント

読んだことのない本です。
でも、凄く楽しそうな内容ですね。
今度探してみますね。

投稿: シロクマ | 2007年7月 8日 (日) 14時19分

中国や漢字に抵抗がなければ読んでみてもいいかもしれません。
王様のブランチという番組で紹介していました。

投稿: ははだよ | 2007年7月 8日 (日) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125610/7061310

この記事へのトラックバック一覧です: 僕僕先生:

« 長いエスカレーター | トップページ | 日曜日の夕方 »