« 滝へおでかけ☆16 | トップページ | アメフロにメキシカン »

2008年10月12日 (日)

滝へおでかけ☆17

今日は高知にある百選の滝をご紹介。

まずは、越智町にある「大樽の滝」

Oodaru

Oodaru2

駐車場から歩いて10分ほどで見えてきます。

Oodaru3

Oodaru4

近くまで行くことができますが、

迫力をお伝えできていないのが残念。

Oodaru5

滝の落ち口はこんな感じです。

撮れる時はたいてい落ち口を撮ってるような・・・

さて、次は香美市にある「轟の滝」

Todoro1

Todoro2

いかがでしょうか。

段になって、お釜ができています。

Todoro3

途中をアップで撮ってみました。

Todoro4

Todoro5

このお釜のアップは相方の写真。

私も撮ったのにぶれてました。

お水がすごくきれいですね。

高知の百選の滝は、3つとも土佐の名水に

選ばれているようです。

さて、最後は大豊町にある「龍王の滝」

Ryuuou

この滝は、傘を差しながら歩いて10分ほどで

姿を現しました。

Ryuuou1_2

ちょっと小さめの滝にみえますが、

迫力はありました。

Ryuuou2_2

水の勢いは多少伝わるでしょうか。

Ryuuou3

滝の落ち口です。

雨で水量が増しているのを感じます。

Ryuuou4

滝つぼです。

晴れていたらどんなに気持ちよかったでしょう。

雨なのか飛沫なのかわからないのはもったいなかった。。

これで滝のご紹介は終わりです。

愛媛県の滝を見られなかったのは心残りですが

いつか、またリベンジしたいものです。

|

« 滝へおでかけ☆16 | トップページ | アメフロにメキシカン »

コメント

いろいろな表情の滝があるのですね。
そして水量の違いでも、このあたりはまた変わってくるのでしょうね。
また四国上陸で、愛媛のリベンジを期待しています。

投稿: もとかみ | 2008年10月13日 (月) 05時47分

やはり滝は、古くからの伝承とか、神話の生まれる場所なんですね。
大昔からその神秘的な景観で、人の心に自然への畏敬を植えつけてきたのだと思います。
ひとつひとつの滝に物語があるのでしょうね。
ははだよさんの写真からもその一端がうかがえます。
神話や伝承に興味がある私としては、とても面白く見させて頂きました。

投稿: miles | 2008年10月13日 (月) 22時43分

もとかみさん
四国にも百選以外の滝もたくさんあるようです。それに、轟の滝は滝つぼまで降りていかれると後から知りました。まだまだ初心者ですね。
愛媛リベンジは是非果たしたいと思っているので、相方にお願いすることにします。

投稿: ははだよ | 2008年10月14日 (火) 07時28分

milesさん
私は単純に滝を見たいだけの一心で訪問していますが、その滝にまつわる神話や伝説を勉強したら、よけい思い出深い訪問になるでしょうね。
後付になりますが、今までに行った滝についていろいろ調べてみようかなと思います。

投稿: ははだよ | 2008年10月14日 (火) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125610/24446312

この記事へのトラックバック一覧です: 滝へおでかけ☆17:

« 滝へおでかけ☆16 | トップページ | アメフロにメキシカン »