« コンパクトに | トップページ | 乗ってみたい? »

2010年3月27日 (土)

こんなものが

長いことシーに通いつめているのに

初めて気がついたこれ。

皆さんご存知でしたか?

0328

明るい時間なので

斜め下から光をよけつつ撮ってみましたが

向かって左側が光っちゃいました。

うーん、それにしても何でこれ飾ってあるのか

これにもバックグラウンドストーリーがあるのか

不思議だなぁと思った私なのでした。。。

|

« コンパクトに | トップページ | 乗ってみたい? »

コメント

亡霊となった騎士が持っているドクロですね。
というふうに私は理解しています。
死の世界からよみがえった騎士。
この騎士の物語に思いを馳せるのが、私のシーでの楽しみのひとつです。
変ですね(笑)
妖気漂うお写真、大好きです。

投稿: miles | 2010年3月27日 (土) 18時51分

気づいていないです。
それに「あれっ、何処だっけ」状態の私です。
やはり私は見てないものが多いのでしょうね。
でも少しづつ覚えて、あーとちーに自慢です(笑)

投稿: もとかみ | 2010年3月28日 (日) 06時14分

milesさん
これがアメリカエリアにあるので
なおさら不思議な気がします。
ベネチアあたりにありそうなんですが。。
亡霊となった騎士が持つドクロ。
この言葉がとっても似合う気がします^^

投稿: ははだよ | 2010年3月28日 (日) 08時07分

もとかみさん
アメリカのにぎやかな通り沿いにあります。
今度あーくん、ちーくんに内緒で
場所をお教えしますね(^^)

投稿: ははだよ | 2010年3月28日 (日) 08時08分

首無し騎士というとデュラハン…と思って調べてみたら、こんな記述も。

スリーピー・ホロウ(Wikipediaより抜粋)
ニューヨーク北部の町で語り継がれている「ヘッドレス・ホースマン(首なし騎士)」の都市伝説。
開拓時代、アメリカに渡って来た残虐なドイツ人騎士がいた。彼は殺されて首を切られたがやがて復活し、光る眼を持つ馬に乗って森の中で殺しの犠牲者を待っている、というのが伝説の骨子である。森が多かったニューヨーク近郊で語り継がれている。

また、ティム・バートン監督が1999年に映画『スリーピー・ホロウ』ってのを作ってます。

投稿: KoZ | 2010年3月29日 (月) 14時02分

kozさん
スリーピーホローって、ジョニーデップが
主演なんですね。
とっても見たくなりました。
NYでの都市伝説というのが
何だか不思議な気がします。
教えて下さってありがとうございます(^^)

投稿: ははだよ | 2010年3月30日 (火) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125610/33952428

この記事へのトラックバック一覧です: こんなものが:

« コンパクトに | トップページ | 乗ってみたい? »