« プラネット | トップページ | 時を刻む場所 »

2011年1月20日 (木)

イリュージョン

要塞の中は、不思議な空間です。

昨日のチェンバー・オブ・プラネットに続き

今日はイリュージョンルームを。

Bubun

大きな絵の中の一部分。

なぜか、とっても衝撃的な印象を受けました。

何でだろう?いくら考えてもわかりません。

どうしても、この部分だけを切り取りたくなったんです。

Kaiga

もうちょっとひいて見てみるとこんな感じ。

何か意味のある絵なのかどうか全然わかりません。

文化が違うんだなぁとつくづく思います。

異国への憧れ、畏怖というフレーズが浮かびました。

そのくせ、こんなことして遊んでみたり。

Omake

出演:相方  演出:相方  撮影:私

レオナルドチャレンジだけではもったいない。

是非要塞の中を隅々まで見て回っていただきたいです(^^)

|

« プラネット | トップページ | 時を刻む場所 »

コメント

おはようございます。
これはまた面白いですね。
3Dを彷彿とさせる様な雰囲気があり、とても平面を撮った写真とは思えません。
こういうところが有るから、撮り歩きは止められませんね。
相方さんもなかなかウィットに富んだお方です。

投稿: イソップ | 2011年1月20日 (木) 09時01分

やっぱり自然(火山の噴火)に対する畏怖の念がテーマの絵のような気がします。

地震でも起こっているのでしょうか?火山列島の日本人だからこそ感じる何かがあるのかもしれません。

あっ、なんかブログネタになりそうな…w
パークの中心が「火山」っていうのも何かありそうな気がしてきました。実際、日本には「富士山信仰」ってのもありますからね~♪

投稿: ランバルディ | 2011年1月20日 (木) 20時38分

こちらの部屋も不思議な空間ですよね。
平面が立体的に見えるのは、本当に驚きでしたね。
それにしても相方さんの遊び心、楽しそうでいいですね。
思いつきもしなかったです。

投稿: もとかみ | 2011年1月21日 (金) 05時28分

イソップさん
説明不足ですみません。
3枚目の写真は、
覗き窓みたいなところから見た光景です。
立体的に見えるように細工されているのだと思います。
実際は2枚目の写真のように、平面の壁に
絵が描かれています。
相方の手は、覗き窓の向こうにありました。

投稿: ははだよ | 2011年1月21日 (金) 05時43分

ランバルディさん
建物が崩れてるのしかわかりませんでした^^;
なるほど、火山の噴火とか地震とかかもですね。
パークの真ん中にプロメテウス火山があるのと
日本の真ん中あたりに富士山があるのと
確かに似てますね。
是非また学術的な記事をお願いします(^^)

投稿: ははだよ | 2011年1月21日 (金) 05時48分

もとかみさん
この空間は不思議ですよね。
日本文化とは異なる壁の絵に、しばし見入りました。
ふと、見ると相方が遊んでいたので
ちょっと写真に残してみました。

投稿: ははだよ | 2011年1月21日 (金) 05時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125610/38537527

この記事へのトラックバック一覧です: イリュージョン:

« プラネット | トップページ | 時を刻む場所 »