« 絶叫のあとは | トップページ | シーの雪景色 »

2013年1月13日 (日)

ざっくり1/12

朝10時開園の土曜日。

相方と一緒にのんびりインすることにしました。

ついたのは10時半頃。

ついてすぐに、相方はニューヨークデリへ。

私はTOTのFPをとりに、アメフロへ。

無事に14時15分~15時15分のFPをゲットし、デリへ。

それにしても、アメフロはいろんなQラインができてて

ものすごいことになってました。

どの列が何の列なのかもよくわからず

これを間違わずに並ぶのは大変だなぁと思います。

TOTのスタンバイ、TOTのFP

トイマニのFP、BBBのスタンバイ・・・・・

皆さまお疲れ様です。

さて、私はデリで、やっとこさ

シーフードチャウダーブレッドボウルを食べられました。

食べにくかったけどめちゃくちゃおいしかったです。

ただ、これだけでお腹いっぱいになってしまうのが難点。

この時点でお昼は遅めにしなくてはいけなくなりました。

まぁ、結果それで正解でしたが。

デリをあとにして、ザンビ横の花壇へ。

かなりチューリップが開いていて一安心。

0113

一通り花壇を見て回ったあとは、奥地へ。

センターのスタンバイが短かったら乗ろうかと思いましたが

110分表示だったのであっさりと通過。

悩みの種だったワゴンゲームへ向かいます。

15分ほど待って結局バッチ二つをゲット。

悩まなくてもよかったね・・・

そして久しぶりにシンドバッドへ。

01132

しばしの休憩と癒しの時間をもてました。

そしてまた別の休憩を求めてユカタンへ。

ここでビールタイム。

外のテラスでもそれほど寒くなく過ごせました。

何だか、久しぶりな まったり奥地。さすが閑散期です(^^)

アメフロ付近まで戻ってきたら、テーブルまであと30分くらい。

まだ席に余裕があったので、私は席で見ることに。

相方は波止場でフリータイム。

横のほうではありましたけど、じっくり見られて満足。

見終わって公園に向かうとキャラがグリ中。

スクルージ、マリー、クラリス、クルエラ、デイジーなどなど。

それぞれ取り巻き?のゲストを引き連れ

悠々とグリタイムを過ごしていました。

公園を通過すると、いよいよレベル13へ。

TOT自体、多分2年くらい乗ってないし

去年のレベル13は未体験なので、ちょードキドキです。

案内されたのは、2階のA。

もう乗り込んだ段階で正気でいられません。

すでに最初の動きから違うのかも?と疑いだしたら

もーこわくてこわくて・・・・・

上がってるのか下がってるのかもわからず

てっぺんまで行かないうちにおっこっちゃうし。。。

ずーっと叫びっぱなしでしまいには涙も出てくるし、

無事に戻ってきた時にはぐったりしてました。

と、そこに響き渡るお子様のぎゃん泣きする声。

無理もありません。

そーだよね、こわかったよねぇと内心同情しておりました。

でも、私はまたチャレンジしますよ!  多分・・・・・・

ぐったり疲れた私は、何故か満面の笑みを浮かべる相方と

(とにかくTOT、大好きらしい・・・)

カフェポルトフィーノへ遅い昼食を食べに行きました。

エビのクリームパスタを食べて元気を取り戻し

いろんな意味で充実した閑散期のインを終わることができました。

やっぱり閑散期はいいですね。

多少の混雑はありますけど、ちゃんと歩きやすいですから(^^)

だらだらとテキストの記事になってすみませんでした。

今度お暇のあるディズニーフレンドさん

一緒に遊んでくださいな。

|

« 絶叫のあとは | トップページ | シーの雪景色 »

コメント

閑散期は賑わっていても、のんびりと楽しめそうですね。
ただこの時期は仕事自体が忙しいので悩みどころです。

レベル13は、そんなに凄いのですね。
相方さんの笑みとは違って、怖さを過ぎると笑いになる私なので…。
どうなるのでしょう?

投稿: もとかみ | 2013年1月14日 (月) 05時55分

もとかみさん
相方は、目で見て上がってる下がってるを判断してるんだそうですが、それって冷静すぎて逆に楽しくないのでは?と疑っております。
私のように怖がってきゃーきゃー乗るのが
正しいTOTの乗り方のような気がしてなりません(--)

投稿: ははだよ | 2013年1月14日 (月) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125610/48730169

この記事へのトラックバック一覧です: ざっくり1/12:

« 絶叫のあとは | トップページ | シーの雪景色 »