2013年11月29日 (金)

シーの窓-46-

1129

平凡だけど

晴れた空を映して明るい窓

レンガの映る隣の窓と対照的ですね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

シーの窓 -45-

何だか不思議な世界観

0127

歪んでるけどいつものシー

こんな世界を映し出す窓も素敵

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

シーの窓 -44-

ゆるめの不連続シリーズ シーの窓

今日の窓はこれ。

0105

前回の窓から何と一年以上もあいてしまいました。

しばらく窓撮ってないなぁと思い何気なく撮った一枚。

もう正直窓には出会えないのでは?と思っていたのは

単純に自分が窓に向き合ってないからだと

気がつけた気がします。

一度撮ったことあっても、向き合い方が違ったら

また別の表情を見せてくれる。

そんな窓を、また見つけたくなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

シーの窓 -43-

ゆるめの不連続シリーズ シーの窓

今日の窓はこれ。

Mado

奥地の窓はみんなシンプルですね。

お天気のいい日は、外の景色が写りこんで

ちょっぴり はでやかに演出されています。

とっても混雑する日には外のテラスも人で一杯。

通り過ぎるゲストもたくさん写しだされる窓です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

シーの窓-42-

ゆるめの不連続シリーズシーの窓

今日の窓はこれ

Mado

やっと再開されることになったシー。

行かない と 行けない の違いを

いやというほど思い知りました。

シーの優しい空間の中で

花を愛でる

空を見上げる

夕暮れにひたる

夜を堪能する

そして、窓を見つける

どれも自分にとって大事なことでした。

再開されたシーで思うこと、見つけるものは

もしかしたら今までとちょっと違うのかな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

シーの窓 -41-

ゆるめの不連続シリーズシーの窓

今日の窓はこれ。

Mado2

シーの窓たちには人影が映ることなく

静かな景色だけが映っていることでしょう。

これは、5階にある窓ですから

中から見下ろす人がいるはずですが

この1ヶ月ゲストが立ち入ることもありません。

ゲストである私たちも

優しい笑顔で迎えてくれるキャストさんも

この窓も。。。

お互いに再開できる日を待ちわびていると思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

シーの窓 -40-

ゆるめの不連続シリーズシーの窓

今日の窓はこれ。

Mado

不思議な形をしたアラビアの窓。

ヨーロッパやアメリカの窓にはめられているガラスがなく

開放的というのか、風通しがいいというのか

アラビアの気候に合わせた窓なんでしょうね。

日本の気候には合わないと思いますが・・・

何となく始めてみた窓のシリーズ、

無理やり感もありますが、40回も続きました。

自分でも驚いています。

どうせなら50回を目指したいなぁ。。。

でも見つけられるかしら ^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

シーの窓 -39-

ゆるめの不連続シリーズシーの窓

今日の窓はこれ。

Mado

一つだけ光り輝く窓があります。

正確には太陽の光を反射している窓というべきですね。

たくさんある窓の中で

一つだけ輝いているのがとても気になりました。

選ばれた窓?

でも、多分季節や時間によって

輝く窓は変わるのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

シーの窓 -38-

ゆるめの不連続シリーズシーの窓

今日の窓はこれ。

Mado

すごく久し振りのこのシリーズですね。

神殿を写し出す窓・・・

これから冒険に行くところなのか

はたまた冒険から帰ってきて疲れを癒すのか。。。

チープな外見を持つレストランですが

冒険家にとって、頼もしい存在に違いありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

シーの窓 -37-

ゆるめの不連続シリーズシーの窓

今日の窓はこれ。

Mado

建物の窓ではありませんが

橋の上から船を見ていたら

あれ、これも窓じゃない?と思ったもので。。。

窓に映る波の向こうに

操縦するキャストさんがぼんやり見えます。

動く窓ということになるのでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)